千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

S 様 邸 防草シート施工


砂利の中に草が出て管理が大変とのことでした。

【施工前】

清水邸施工前

砂利の下は地面なので、砂利がどんどん埋まっていってしまい、ところどころ土が出てきています。

また、地面から草が生えやすい状態にあります。

【防草シート】

清水邸防草シート

防草シートを敷きます。

ホームセンターなどで、販売されている防草シートは

敷いても草に貫通されてしまうものが多いので専用シートをお薦めします。

 

【レンガアプローチ】

清水邸レンガ

シートの上にレンガを並べていきます。

レンガの下には砂を撒き、高さを均しながら施工します。

レンガは水分吸収する性質なので、並べる際には、水につけたっぷり染み込ませます。

セメントをレンガが吸収して、レンガに白い模様が出る現象を、白華現象(はっかげんしょう)といいます。

 

なので、極力セメントは使わずレンガの縁周りのみモルタルで固めました。

【施工後】

清水邸施工後

レンガを並べ終わった後、砂利を敷きました。

レンガとレンガの隙間には珪砂(けいさ)を詰めレンガが動かないように固定させます。

砂利の下に防草シートを敷いてあるので、草が出てくる心配はありませんし、

砂利も沈んでなくなることもありません。


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.