千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

2021 2/23(火)


2021 2/23(火)

今日の禅語

 

松樹千年緑

(しょうじゅせんねんのみどり)

 

松はいくら樹齢を重ねても

風雪に耐え、緑葉を茂らせている。

 

雄々しく逞しい命がそこにある。

 

老松に、生を、命を、思う。

 

禅は松を仏に見立てて、その姿に

説法を聞けとしています。

 

樹齢千年を数えようかという老松は、

命の営みのすばらしさ、

あるいは、すさまじさを説いているようでもある。

 

それを見て、

みずからの生について、命について考えてみる。

 

松だけに限らず数百年の樹木は、

風格がただよっています。

 

ずっとその場所にいる。

 

数百年前は、どんな景色を見ていたんだろう?

 

昔は、車も飛行機も電車もない。

 

今とは、まるで違う景色なんだろうな。

 

風雪に耐え続けるそんな木は、

荘厳です😃

 

人は、数百年も生きれないけど、

風雪に耐え、乗り越えて

みずからの生、命を使っていきたいですね。

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.