千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

2021 2/1(月)


2021 2/1(月)

今日から2月。

 

仕事は、二手に別れた。

 

私は、茨城まで芝を取りに行き

松本さん、松野さんは竹垣作り。

 

いつも芝は、造園資材屋で頼むのだが

工事日程の都合で、

直接取りに行った。

 

筑波山の麓にある芝屋さん。

 

辺り一面が芝。

 

芝を積み込み、千葉の佐倉市へ。

 

お庭のリノベーションの現場調査に

お伺いした。

 

昨年の暮れ、樹木の手入れを

植木屋に頼んだとの事。

 

その会社の社長には、

透かし剪定をお願いしたのだが

仕事に来た職人もどきは、

 

お施主様が、大事にされていた

ヤマモミジの木を、ブツブツに切って

しまったらしい。

 

お施主様が、透かして欲しかったと言うと、

『今時、透かし剪定なんてする人もいないし、頼む人もいない』

と、言われたそうな。

 

ここにいますけどねー

 

きっとこの人は、透かし剪定が出来ないんだろうなぁ。

 

京都は、ほとんどが、透かし剪定。

 

そよ風に揺れるような、柔らかい枝振りを作っていく。

 

出来るなら、黙って透かせるはず。

 

自分が出来ない事を棚に上げて、

まぁ、よく言うわw

 

出来ないなら、出来ないって言えば良いのに。

 

言い訳が、逆に恥ずかしいですね。

 

一方、竹垣チーム。

二人で竹垣の基本 四つ目垣。

 

いつもは、私も入れて3人で作業するが

今日は、二人に任せた。

 

完成する頃には、日も落ちて辺りが暗くなっていたが、始めから完成まで

二人で仕上げた。

 

私は、作業を見ていて

少し口を挟むだけ。

 

二人共、相当疲れたと思う。

 

置場に戻る。

 

疲れてはいるものの、

二人の顔は、達成感で良い顔をしていた。

 

やりきった時の達成感は

気持ちが良い。

 

まして、お客様が喜んでくれたなら

尚更、気持ちがいい。

 

このやりきった後の達成感、気持ちよさを

二人にも感じて欲しかったので

任せた。

 

遅くまでありがとうございました。😃

 

今日の禅語

 

日日是好日(にちにちこれこうにち)

 

雨の日も晴れの日も、楽しい日もつらい日も、その日その日が、

人生のかけがえのない1日である。

 

どんな日も、貴重な人生の1ページ。

 

時が、進む限り

今という時間は帰ってこない。

 

貴重な人生の1ページを、

大事にしたいですね☺️

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.