千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

2020 11/16(月)


2020 11/16(月)

今日の禅語

 

秋露白如玉

(しゅうろしろきことたまのごとし)

 

葉の上に宿る秋の露は、美しい玉のようである。

たなびく風によって、左右に動くさまは、自由無碍であり、葉のいろによって緑にも、赤にもなる様子は、無我の境地である。

 

融通無碍も、無我も、根底には

本分がある。

 

融通無碍(ゆうずうむげ)

(ひとつの見方、考え方にとらわれるのではなく、自由自在に物を見、考え方を変え、よりよく対処していくこと)

 

無我(むが)

(あらゆる事物は、現象として生成しているだけであり、それを根拠づける不変的な本質は、存在しないという仏教用語)

 

みずからの人生の儚さを露に喩えたのは、豊臣秀吉だそうです。

 

その露には、また、融通無碍であり、

無我でもある。という側面がある。

 

どのような時でも、露であるという本分を失わず、確たる自分があってこその

融通無碍、無我である。

 

ほぅー。

どういう事だ?w

難しいぞ。

 

露は、葉の上で風に吹かれて右にも左にもいける。

自由に変化できる。

 

これが、融通無碍か。

 

露は、透明で緑にも、赤にも、黄色にも

葉の色次第で変われる。

 

これが無我か。

 

確たる自分とは、露で言うと

わたしは、露だ。ってことかな。

 

なるほど。

 

どんな時も、自分と言うものを根底に持っていなさいってことですね。

 

これは、ブログでも何回も書いている

自分の軸の事だと思います。

 

自分の軸は、しっかりと持ちたいですね。

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.