千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

2019 5/6(月)


2019 5/6(月)

今日は、ゴールデンウィーク最終日でしたね。

 

明日から、お仕事の方も多いと思いますが、

この長いお休み+五月病が重なってしまわないようにしたいですね。

 

私は、今日から仕事始めました。

 

松のみどり摘みです。

 

松のみどり摘みは、木の樹形を崩してしまわないにする作業です。

 

簡単に言うとみどりとは、新芽の事ですね。

 

新芽のうちは、指でポキポキ折れるのですが、

新芽が枝になってしまうと、枝の中に芯ができてしまい折れなくなってしまいます。

 

そうなると、鋏で一枝、一枝はさまなくてはいけなくなります。

 

みどりを摘む際にも、気を付けるところが・・・

新芽は元から折る事が大切です。

 

新芽を途中で折る場合もありますが、

元から折らずに適当な所で折ってしまうと

その残った部分が枯れて、かっくいと言う物になります。

 

木全体にこのかっくいが見られると、樹木の枝自体がゴツゴツして見えてしまいます。

 

なので、折るならきちんと元から折るようにすると、綺麗な枝ぶりが造れます。

 

新芽が柔らかいのは、せいぜいあと1,2週間でしょうか。

遅くとも5月下旬までには、したほうがいいと思います。

 

松の木は、この時期のみどり摘み 冬の古葉振いの年2回作業をします。

 

手間は、かかりますが、ちゃんと手入れした松は、やはりカッコいいです。

 

なんたって木の王様ですからね(^-^)

 

 

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.