千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

不平や不満


言っているうちは、変わらない

今日は、北風が強いですねぇ。

一現場終わりました。(・∀・)人(・∀・)

槇原敬之さんの北風を聞いてしみじみ。

良い歌ですね。( ・∇・)

 

今日は、不平・不満について

書きます。

 

誰しも、1つか2つは不平・不満がある時が

ありますよね。

それが、愚痴に変わります。

愚痴は、聞いてあげる事で本人が楽になれる場合もありますが、根本的には、何も変わりません。

 

不平・不満が、出る時って、ほとんどが

何かのせいなんです。

 

物のせい、人のせい、とかにしちゃうんですね。

 

最終的には、自分のせいと言うことに気付かないんです。

 

いつも、不平・不満を言っている人、

苦手です。(ー_ー;)

 

不平・不満がある人に、

あなたが、今思っている不平・不満に対して

あなた自身はそれを変えるために

何か行動したの?と質問してみます。

 

この質問に、帰ってくる答えは

何もしていなかったり、私は、~やってるのにって答えが多いのですが、

 

何もしていないのは、仕方ないですよね。

~やってるのに。は、それでも変わらないという事なので、まだ変える努力が足りないって事なんですよ。

 

私自身、不平・不満を思った時、

はじめにすることは、

一度何かのせいにするのをやめます。

そして、あなたはその不平・不満に対して

どんなアクションを、起こすの?

って自問自答するんです。

 

どうしたら、不平・不満が解消できるか考えるんですね。

決まったら、変化させる行動に移ります。

行動しても変わらなかったら、また違うアクションを起こします。

 

不平・不満を言っているだけで何もしていないと言うのは、

人のせい、物のせいに、してはいるんですが、最終的には、その物事を

自分が甘んじて受け入れてる事

になっちゃうんです。

と、なると、自分のせいですよね。

 

本当に嫌なら、甘んじて受け入れる事は、しませんし、変える為に動くはずです。

 

行動する事でしか、ほとんど変えられないのです。

 

まとめ

不平・不満をいう前に、自分に何ができるのか考え、行動する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.