千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

ブランド化


自分に付加価値をつける

今日は、午前中北風が強かったですね。

木に登って作業していたのですが、風で木が揺れる揺れる。

むかーし、20m位の杉の木に登って仕事をしたとき

あまりの風で木の上で、酔ってしまい、しばらく動けなかったのを思い出しました。w

 

松の木2本目です。

今日は、付加価値について書きます。

 

仕事をしていると、

仕事の質よりも安さを求められるお客様や、反対に質を求められるお客様

いろいろなお客様がいらっしゃいます。

 

どちらもお客様のご要望に応えるのが、プロとして必要なことなのかもしれませんが、

私自身は、質にこだわりたいので、質を求められているお客様しか基本仕事はしません。

 

独立した当初は、顧客が少なく、そんなことを言っている場合ではないので

関係なしに、仕事をしていましたが、結果、それをやると仕事が楽しくないんですよね。

 

 

始めは、安さを求められていても、きちんちした仕事をすれば、ほとんどのお客様は仕事に納得して、きちんとお支払してくれます。

たまに、ごねる方もいますがそういうお客様には、(では、他の会社に頼んでください)と

言ってしまいます。生意気ですが・・・

 

なぜかというと、私自身に付加価値をつけているからです。

 

 

お客様には、もちろん嫌われます。

ですが、それでいいんです。(自分の信念を曲げてまでやる必要はないですし、嫌だなと思いながら仕事はしたくないので)

嫌われるお客様もいれば、好いてくれるお客様もいるので

八方美人になる必要は全くありません。

 

 

お客様が、この人だから仕事を頼みたいと思って頂くことが、大事なんです。

そして、お客さまの、その気持ちに応える仕事をする。

 

感じがいいから、とか 仕事が丁寧だから、とか色々ありますが

何かしらの付加価値をつけることで、またこの人に、お願いしたいって思ってくれるんです。

 

自分に付加価値がたくさんついてくると、それだけ多くの収入にも繋がるはずです。

ブランド品にしても、質のいいものはそれだけ付加価値があるので高値になりますよね。

そして、価値のわかるお客様しか来ません。

 

高値であっても、物の価値を見いだせるものであれば需要があるんです。

 

一朝一夕でできるものではないので、日々努力ですね。

 

 

まとめ

自分に付加価値をつけ、自分をブランド化させる

 

松の木にメジロが飛んできました。

メジロって必ず番い(つがい)雄・雌で来るんですよ。

 

松の木の脇に梅の木があるのですが、たくさん花芽をつけていたので

花蜜を吸いにきたんだと思います。

 

まだ1月初めなのですが、

メジロがくると早春(春の初め頃)が来たのかと錯覚してしまいますね。♪ヽ(´▽`)/

 

 

 

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.