千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

天 地 人

2019年1月8日 火曜日

天の時、地の利、人の和

今日は、お客様に1日現場をあけさせてもらって

仲間の応援に行ってきました。

 

頼まれたのは、松・・・

おぉお。5日連続。明日もなので6日連続決定いたしました。

松は縁起物なので、新年早々縁起がいいなとか、思いながら、仕事します。

2本仕上げました。

 

今日は天の時(てんのとき)、地の利(ちのり)、人の和(ひとのわ)について書きます。

 

これは孟子(もうし)の言葉ですが、何か物事を成功させる際の条件になります。

 

『天の時は地の利に如(し)かず。

 地の利は人の和に如(し)かず。』

 

これを、現代訳すると

 

天のもたらすチャンスや幸運は、地勢の有利さには及ばない。

地勢の有利さは、人の心の一致には及ばない。

 

 

まず、天の時とは

(天の与える機会のことです。 チャンスとかベストタイミングの事です。)

 

次に、地の利とは

(有利な地理的条件の事です。 自分にとって有利な地形だっだり、有利な状況の事です。)

 

最後に、人の和とは

(そのままです。 団結力など、自分ひとりの力ではなく結集した力です。)

 

わかりやすく言うと

(なにか物事を成し遂げるには、3つ条件があるよ。それは、天の時、地の利、人の和だよ。)

 

(天の時も必要だよ。でも、もっと必要なのは地の利だよ。それよりももっと必要なのは、人の和だよ)って事です。

 

チャンスや運がきている・自分に有利な状況にある場合でも、人の和がなければ成し遂げられないんですね。

 

 

今、私は一人で仕事をすることが多いのですが、仕事内容によっては一人ではどうにもならない仕事もあります。

そんな時は、仕事仲間に応援を頼んだり、頼まれたりしながら仕事をしています。

 

ピンで頑張るのもいいですが、やはり限界があります。

そんな時、力を借りれることができると本当にありがたいんです。

 

なので、反対に力を貸してと言われたら、なるべく自分の時間を調整して駆けつけるようにしています。(無理な時もありますが)

 

一人の力ってたかがしれてるんですね。最近一人での物理的な限界をすごく感じるんです。

 

自分の会社も、あまり大きくする気はありませんが、小人数でも精鋭ぞろいの会社にしたいので

今後組織化していこうと考えています。

 

そして同じ仕事の仲間と一緒に団結して、造園業界の事をもっと多くの人に知ってもらい

この業界を盛り上げていきたいです。

 

まとめ

人の和があるからこそ、物事は成せる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.