千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

2020 5/16(土)

2020年5月17日 日曜日

2020 5/16(土)

数日前から、お庭の排水工事をした。

 

大雨が降ると、水が溜まってしまうとの事でご依頼頂いた。

 

そして何より1番問題なのがこの石垣・・・

この写真は、桝設置後の写真だが

積んである石の1番下に風穴がある。

 

この風穴の位置からお庭の土が全部流れ出ていた。

 

お庭にいくら土を足しても無くなるとおっしゃってた理由もわかった・・

 

そこで暗渠排水(あんきょはいすい)を施工する。

 

まずは

庭内の1番低い所に、雨水枡を透水シートで周囲を覆い設置し、そこから敷地外へ水のはけ口を作る

 

この雨水桝に暗渠のパイプを繋ぐ。

地面を30cm位掘削し転圧。透水シートを敷いてその上に砕石を敷く。

 

暗渠用のパイプも売ってはいるが、VUの普通の塩ビ管で代用した。

塩ビ管もこのように穴が開いている物は有孔管(ゆうこうかん)と呼ばれている。

 

パイプを設置する際、勾配(こうばい)を付けるのを忘れてしまうと

水が流れていかないので注意しましょう。

 

今回は、自分でホールソーで穴あけしましたが、

穴あきの状態でもお店で販売しています。

 

塩ビ管を透水シート・砕石でくるみ上に土を被せ整地。

 

構造としては、敷地内の雨水がパイプを通り雨水枡へ水を集める。

そこに溜まった水はオーバーフローして

敷地外に流れ出る仕組み。

敷地外に出た水は塩ビパイプを繋ぎ用水路にて排水できるようにした。

1番問題だった風穴は、あぜなどに使われるプラのシートと透水シートで内側を塞ぎ

土の流出を止めた。

 

これで土が流れ出る事はない。

 

これから梅雨時期に入るので活躍してくれそうです。

 

別件で

最近入らせて頂いた

(株)北晨工営 様の事務所の中庭

カッコイイ!!

この庭をもっと、趣のある空間にしたいと思います。(^-^)

 

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

2020 4/26(日)単管ガレージ

2020年4月26日 日曜日

2020 4/26(日)車庫完成

前回の続きで、

コンパネの上にアスファルトルーフィングを敷き、タッカーで留めていく。

その上に、ガルバリウム波板を敷いて傘釘を打っていく。

 

キレイに収まった。

 

 

 

車と車とコンテナを、防犯を考え、あえてギリギリにした。

 

この付近でも、車のバッテリーの盗難などが起きている。

こうするとバッテリーまで人が入れず、作業出来ないので盗難できない。

 

多少面倒だが、盗難防止と割り切るw

 

あとは横からくる雨風を防ぐ板でも取り付けて

強風に備えて屋根をワイヤーで固定する。

 

軽トラとクレーンを雨から守れるようになった(*^▽^*)

作って良かったー。

 

車庫が出来て周りを見渡すと、

雑草が伸び始めてきていたので

草刈り。

今年初ですね。

 

コロナウイルスの影響で、出来ない事ばかりで

気分も滅入りますが、

 

家の草取りでもいいし、掃除でもいい。

 

きれいになると心も少しスッキリします。

 

心はスッキリさせておきたいですね。(^-^)

 

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2020 4/21(火)単管ガレージ

2020年4月22日 水曜日

2020 4/21(火)クレーン車庫作成中

クレーン車の車庫を作り始めた。

設計は、なんとなくで・・・

現場任せw

 

まずは、コンテナを単管でくるむ。

コンテナは重量があり、中にも機材が入っている為

ちょっとやそっとの風では飛ばない。

コンテナに単管を抱かせて片側の支えとした。

 

そこから単管を組んでいく。

反対側の単管は、単管を地中に60cm埋めその周りをコンクリートで固める。

屋根の勾配を考え設置していく。

外枠完成。

 

 

そこから補強を始める。

今回は、6m×6mなので

単管パイプも6mの真物(まもの)を使った。

たとえば、3m単管+3m単管で繋ぐと6mになるのだが

ジョイントと言って接続部が必要になる。

 

6mの単管は繋ぎ目がないので強度がある

 

通常ならば、それでもいいのだが

昨年の台風を経験し、強度が必要だと考え6m物を使った。

 

 

屋根の勾配もついて、車もスッポリは入れる。

 

次は垂木

単管パイプの上に垂木を飛ばしていく。

今回は赤松材を使った。

そのままでは、腐食が早いので

キシラデコールを塗布して使う。

 

垂木クランプを使って単管と固定していく。

 

その上にコンパネ(野地板)を敷き、ビスで垂木に固定していく。

屋根の上に登っても問題なし。

 

 

今日はここまで。

屋根が出来てきたよー!!!!(*^▽^*)

一人で単管を上げたり、組んだり

コンパネを上げたりしてたら

44歳にして、産まれて初めて脇腹がつったw

 

 

完成が楽しみです。

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2020 4/14(火)

2020年4月14日 火曜日

2020 4/14(火)

先日、3トンクレーンにユンボを載せた際

何かクレーン荷台の床がフカフカしていたので

めくってみると・・・

 

がっつり腐食・・・

 

そりゃそうだよな・・・

雨ざらしだもんな・・・。

 

根太はウエハース状態。ってことで交換作業

 

明日もクレーンを使う予定で時間がなかった為、応急処置。

 

根太を新しく替えてコンパネを貼る。

防腐剤も塗っていないがw

とりあえずは問題ない。

 

時間と材料を準備してから仕上げるとして。

 

 

雨ざらしもなんとかしよう。

単管パイプで車庫の屋根作るか

 

設計してみよう(^-^)

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

2020 3/25(水)

2020年3月25日 水曜日

2020 3/25(水)

今日は、伐採。

昨年の台風による強風での倒木が凄かった。

 

今年も大きな台風が来るかもしれない。

それに備えて、準備をすることは大事です。

 

この樹木の裏にはブロック塀。

ブロックの裏側は田んぼでクレーンが入れない。

 

クレーンが止めてある所にお孫さんが家を建てる予定らしい。

 

建物が建ってしまった後に、この樹木が家に倒れてきたりしたら

大きな被害が出る。

 

そこで、前もって危険防止のために伐採する。

 

いつも通り日本酒とお塩で、真言唱えて供養。

作業中

こんな木が強風で家に倒れてきたら

たまらない・・・

 

今回は、

家を建てる際、大型の重機が入った時に

抜根しやすいよう樹木の根元ではなく少し上部を残して切った。

 

テコの原理ですね。

 

完了

 

強風の度に倒れないかと心配になってしまうような樹木は

何かしら施工・処置をしましょう。

 

樹木を伐採する事だけが、ベストだとは思いませんが、

未然に被害を防ぐ事はできます。

 

作業前

作業後

台風が来て慌ててもどうにもならないので、

今一度、ご自宅の危険予知を考えてみましょう。

 

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2020 3/24(火)

2020年3月24日 火曜日

2020 3/24(火)

今年は、暖かくなったり寒くなったりしていますが

暖冬ですね。

 

花の開花時期も

梅・サクラ・コブシなどが時期被りし咲いているので

面白い。

 

ただこんな気候であることが少し心配。

 

コロナウイルスの影響でお花見も自粛傾向が強まっている。

サクラからすると、そんな事はどうでもいいんでしょうね。

 

ただ冬が終わって目一杯ただ咲く。

 

そんな風に生きたいw

 

今日現場で撮ったサクラ

 

 

家に帰ると、先日注文したものが届いていた。

それは・・・。

 

兜!!!

 

息子の初節句の為に購入した。

 

上杉謙信の兜モデル。

兜の飾りは月と太陽を模している。

印伝は、勝虫(トンボ)。

私がいつも、仕事で頭に巻いている手ぬぐいもトンボ柄。

 

 

トンボは、ホバリングは出来ても後ろにはバックできない虫で前進あるのみ。

その後退しない潔さから、戦国武将たちに勝虫と呼ばれている。

 

どんな時だって前に前に少しでも進んで行くしかないんです。

前に進んで、下がって進んで下がってw

3歩進んで2歩下がる by水前寺清子

それでも1歩は確実に前に進めますね。(*’▽’)

 

 

 

 

日輪と三日月。

かっこいいな。

 

自分は、特に初節句をしなかったし

兜とかなかったので少し羨ましい。

 

健康で逞しく愛を持った子供になってくれる事を願うばかりです。(^-^)

 

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2020 3/17(火)

2020年3月18日 水曜日

2020 3/17(火)

テレビでは、連日コロナウイルスの報道がされている。

 

幸い私の仕事は、外仕事。

自然相手なので感染する確率は、接客業などに比べると低い。

 

色々な所で、影響が出ていますね。

仕事の休憩中に、お客さんが

(美容室もコロナウイルスの影響でお店お休みしていて困ったわー)

と言っていた。

 

子供達も、感染をなるべく避けるため

家に籠る事が多くなっている。

 

今年、いちご狩りに行く予定もキャンセルした。

残念。

 

通っていた幼稚園の卒園式はマスク着用条件で執り行われたので一安心。

4月の小学校入学式はどうなるのかな?

 

早く終息して欲しいですね。

 

23時布団に入り寝ようとしたら、

ふぎゃふぎゃ息子が泣き出した・・・。

 

結局寝るタイミングをはずされてしまった。

息子を妻に預けて

鋏でも研ぐか。と

切れ味が落ちてきていた刈込鋏を研ぎ始めた。

夜中に鋏をシュコーシュコー砥石で研ぐw

 

 

今は、なかなか自分の時間が取れないので、こういう隙間時間は使いたい。

 

めっちゃ切れる・・・。

これこれ!!!

 

鋏が切れると切れないでは、雲泥の差がでる。

 

と自己満足したので寝れそうw

明日、使うのが楽しみだ(^-^)

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020 3/11(水)

2020年3月11日 水曜日

2020 3/11(水)

今日は、東日本大震災から9年目。

もう9年経っているんですね。

 

色々災害が起きて、不安にもなりますが、

備えなどは、出来る限り用意して

過剰な不安は持たないようにしましょう。

 

さて、今日は樹木の移植・抜根です。

レッドロビン(セイヨウベニカナメ)H=2.0mを移植します。

コニファーは抜根します。

このレッドロビンは根が荒いので移植しても枯れてしまう場合があります。

レッドロビンを移植するために、根鉢を作って植え替えるのですが

いざ掘ってみると

ブロック塀の基礎コンクリートが根の真ん中辺りまできており

これでは根鉢がつくれません。

 

このまま移植しても、活着する見込みは低いので

急遽お施主様にご説明しました。

お施主様のご希望としては、今のレッドロビンの樹高が欲しかったのですが、

移植しました。枯れました。

では困ってしまうので、新しく樹木を植えるご提案をさせて頂きました。

 

移植予定だった木は全部抜根に。

重機も使い抜根していきます。

生垣支柱を作り新しく木を植え付けました

樹高は1.5m。

数年もすればすぐ大きくなる木です。

 

水極め(潅水かんすい)し、整地。完了

 

 

ありがとうございました。

 

 

2020 3/9(月)

2020年3月9日 月曜日

2020 3/9(月)

今日は、昨日と打って変わって

ドタバタな1日に。

 

置場に着いたのは20時。

 

ふぃーと一息ついて空を見ると、

綺麗な満月が。

 

しばらく見ていると、飛行機が飛んで行った。

 

満月と飛行機雲のコラボレーション

まっすぐな直線を描きながら飛んで行った。

それも2本。

神秘的で綺麗だった。

しばらく見惚れていた。

 

ドタバタした1日だったけど、この満月と飛行機雲にお疲れって言ってもらえたような気がして癒されたw

ありがとー!!

 

今まで、あまり気にしなかったせいか

夜の飛行機雲はあまり見たことがない気がする。

それも満月とコラボ。

 

 

自然現象には、台風とか地震とか災害もあるけど

神秘的な物もたくさん見せてくれてるんですね。

 

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020 3/8(日) 寝た

2020年3月8日 日曜日

2020 3/8(日)

 

今日は、朝から雨だったのでひたすら寝た。

こんなに寝たのはいつぶりだろう?

 

仲間から庭師の漫画があると教えてもらい読んだ。

 

その名も

庭師一代。

 

この漫画を読んで感じたことは、

やはり最後

人の心を惹きつけるのは

作り手の心次第という事だ。

 

庭という物を通じて、相手の心になにかを響かせる。

 

それには、作り手の心が未熟では響かせる事は難しいのだろう。

 

相手の心に何かを響かせられるような庭師になりたいですね。

 

この漫画おもしろかったな。

教えてくれてありがとう(^-^)

 

1つ疑問が産まれた。

私は庭師として心が必要だと思っているのだけど

それは執着なのかな?信念なのかな?

 

執着と信念の違いってなんだろう?

 

執着は手放して信念は持つ

どういうことだ?

調べてみよう。

 

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 


Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.