千葉の植木屋さん 株式会社 植介|植木、庭木の剪定・造園

2022 1/25(火)

2022年1月25日 火曜日

今日の禅語

和気似春風

(わきしゅんぷうににたり)

 

和やかな雰囲気をたたえている人は、

のどかな春風にも似て、

周囲の人たちを和ませる。

 

その場の空気は、いる人しだいで変わる

 

人はその場の空気を変える。

 

自分の態度や振る舞いが、場に与える影響を

考え、心にとどめておこう。

 

和やかな空気や緊張感のある空気などあるが

その時、その時で良くも悪くもなりますね。

 

空気を読む😃

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

2022 1/24(月)

2022年1月24日 月曜日

今日の禅語

老松多寿色

(ろうしょうじゅしょくおおし)

 

長い歳月を経てきた老松は、長寿の象徴。

 

長寿は何にもまさるめでたいことである。

 

置かれた場所で精一杯生きる。

そんな人生がいい。

 

松の寿命は、500年とも1000年とも言われる。

 

幅があるのは、もちろん、生えている環境にも左右されるから。

 

芽吹き、育った環境のなかで、

風雪に耐えて生き、朽ちていく。

 

そんな松の姿には、

おおいに学ぶことがある。

 

自分が置かれた環境、場所で

精一杯生きる。

 

今自分がいる環境や場所で

精一杯生きているだろうか?

 

給料が安い、仕事がつまらないとか

愚痴ばかり言ってませんか?

 

精一杯やっていたら、愚痴はあまり出てこないかもしれません。

 

今の環境、場所で精一杯やるとは

別の環境、場所でも精一杯できるということ

だと思う。

 

環境と場所は外的要素。

精一杯やるのは、自分の内的要素。

 

しっかりと自分の内的要素ができている人は

外的要素に左右されにくい。

 

そんな強い精神を持ちたいですね😄

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

2022 1/23(日)

2022年1月23日 日曜日

今日の禅語

老鶴万里心

(ろうかくばんりのこころ)

 

鶴は老いても、はるか万里の彼方まで

飛んで行こうとする心をいだいている。

 

いくつになっても、志を失ってはいけない。

 

手習いに、年齢制限はない。

 

年配者が何か新しいものに取り組むと、

年寄りの冷や水 などと揶揄されたりする。

 

しかし、チャレンジ精神は若さ、元気の源。

 

冷や水を浴びても、ビクともしないくらいの

気概を持とう。

 

これは、年配者だけではなく若い人にも

共通することですね。

 

チャレンジは、まだ自分が経験したことのない事なので恐怖や不安がつきものです。

 

それは、皆同じです。

 

長ーい目で自分の人生を見てみると

どうでしょう?

 

自分が死ぬとき、やっとけば良かったなんて後悔しても遅い。

 

失敗を恐れてなにもしないより

後悔するほうが、私は嫌ですね。

 

人は永遠に生きているわけではない。

時間には限りがあります。

 

恐怖、不安に怯えてる時間はありませんw

 

恐怖も、不安も抱き締めて一歩踏み出す。

 

そんな自分の感情も認めてあげよう。

 

おそるおそる進めばいい😃

 

その裏の感情には、

実は、ワクワクが潜んでいる。

 

ワクワクと不安は表裏一体😄

 

小さなチャレンジを重ねて行くと

自分にも自信がつく。

 

いくつになっても、好奇心は持っていたいですね。

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

2022 1/22(土)

2022年1月22日 土曜日

今日の禅語

破雲寒月明

(くもやぶれてかんげつあきらかなり)

 

冬の夜、

月を、覆っていた雲に、ふっと切れ目ができ、

月が明らかになる。

 

どんな迷いも、必ず、

吹っ切るきっかけが訪れる。

 

人は迷いと無縁ではいられない。

 

迷いながら生きている。

 

しかし、どれほど深い迷いのなかにいても、

ふとしたきっかけで、それが吹っ切れる。

 

焦らずにその時機を待ち、きっかけを見逃さないこと。

 

ふとしたきっかけで人生が変わることもある。

 

きっかけは、偶然とにている。

 

ただ、本当は、偶然も必然だと言う事。

 

起こるべくして起きている。

 

迷うことからも何かを学ぶ。

 

自分に起こることは、

良いこと、悪いこと含めて

あなたに必要だから起きている。

 

そこで、気づけるかどうか?が鍵。

 

良いことも、悪いことも本来ないらしい。

すべては必然😃

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2022 1/21(金)

2022年1月21日 金曜日

今日の禅語

春日多佳気

(しゅんじつかきおおし)

 

うららかな春の日は、

心も晴れやかに過ごすことができる。

 

外歩きで春を感じる。

 

春の気配。

 

今日見つけました‼️

 

梅が咲き始めた💮

 

北風が1日吹いていましたが、 

梅を見て、心が温かくなりました😄

 

ちゃんと春は近づいてますね。

 

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

2022 1/20(木)

2022年1月20日 木曜日

今日の禅語

山呼万歳声

(やまはよぶばんぜいのこえ)

 

登った山の頂きに立って、

山とひとつになると、

山全体が万歳の歓呼の声をあげているのが聞こえる。

 

全力を出し尽くした先に、

心地よさ、爽やかさがある。

 

脇目もふらず、そのことに集中することを、

ひとつになる、一味になると言う。

 

時間の経つのも忘れて、仕事に没頭する。

 

それが、仕事とひとつになっている姿。

 

仕上がったときに、わき上がってくるのは

心地よい満足感、爽快な納得感。

 

全力でやったあとは、清々しい😃

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2022 1/19(水)

2022年1月19日 水曜日

今日の禅語

一枝梅花和雪香

(いっしのばいかゆきにわしてかんばし)

 

雪のなかで梅が花開き、

香りを漂わせている。

 

厳しい寒さをくぐり抜けたからこそ、

その美しさ、かぐわしさが際立つ。

 

やっかいなことのなかに、

大きな喜びが隠れている。

 

やっかいな仕事、面倒くさい仕事。

できれば敬遠したいと思うかもしれない。

 

しかし、

やっかいな仕事、面倒な仕事ほど、

成し遂げたときの達成感、充実感、

そして喜びも大きい。

 

自分がやりたくないと素直に感じる仕事は

無理する必要はないと思う。

 

嫌々やっても成果は出ない。

 

自分がやるって、決めたなら、

精一杯やる。

 

それだけ( ゚∀゚)

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

2022 1/18(日)

2022年1月18日 火曜日

今日の禅語

寒松千歳色

(かんしょうせんざいのいろ)

 

老松は千年の時を超えて、

変わることなく、

青々とした葉を茂らせている。

 

時を超えて変わらないものは真理である。

 

一本の老松に、真理を見る。

 

誰でも 真理ってなんだろう?

と考えることがあるはず。

 

深遠なもの、自分の手の届かないところにあるもの。というイメージがあるかもしれないが、そうではない。

 

一本の老いた松の姿は、真理をそのままに

表している。

 

大切なのは、そのことに気づくこと。

 

木はしゃべらないけれど、

確実に伝えている。

 

神社の御神木もそのままが真理。

 

例えば、

長い時を、じっと動かず

暑い日も寒い日も大風に吹かれた日も

あっただろう。

 

それでも、根を深く張り続け生きている。

 

のような気づきもできる。

 

自然はしゃべって教えてくれない。

人が気づくことで教えてくれるんですね😃

 

今日は、3tクレーンがぬかるみにはまり

出られなくなった💦

仲間に連絡し四駆の車で引っ張ってもらい

ようやく脱出。

 

助かったよ。ありがとう😃

 

ぬかるみ気を付けようw

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2022 1/17(月)

2022年1月17日 月曜日

今日の禅語

慶雲生五彩

(けいうんごさいをしょうず)

 

慶雲はめでたい雲。

五彩は無限の色。

 

無限の色に染め上げられためでたい雲は、

最高度のめでたさをあらわす。

 

仕事帰りに西の空を見てみると

夕日と雲と闇が混ざりあっていて、

そこに富士山も見えたりすると

絶景です😃

 

今日も1日お疲れーって、言われているような

気がする。

 

1日頑張ったご褒美ですね😄

 

自然が織り成すアート。

毎日、同じ色や形ではないので

飽きることがありません✨

 

夕暮れの空

ぜひ、ご覧になってください😄

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

2022 1/16(日)

2022年1月16日 日曜日

今日の禅語

鶴舞千年松

(つるはまうせんねんのまつ)

亀遊万年岩

(かめあそぶまんねんのいわ)

 

鶴、亀、松、岩のいずれも

長寿、長くかわらないものの象徴。

 

それらを重ねたこの禅語は、

さまざまな祝い事に使われる。

 

金百歳百歳

(きんはひゃくさいひゃくさい)

銀百歳百歳

(ぎんもひゃくさいひゃくさい)

 

金さん、銀さん懐かしい😃

 

漢字だけみると禅語にありそうですね。

(実際ありませんがw)

 

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 


Copyright(C) 株式会社 植介 All Rights Reserved.