千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

損得勘定?気持ち?


人の事を思うって?

今日は、2018年最後の現場でした。

終わったー。ふうー。すこし気が抜けました。

自分お疲れ。

 

今日は思いやりについて書きます。

 

人は、人の行為に対して、それは自分にとって得か損か瞬時に考えます。

 

ある程度は必要なのかもしれませんが、そればかりに囚われてしまうと

自分の欲にコントロールされてしまいます。

 

give&take(ギブ&テイク)ってよく言いますよね。

 

なにかを与えて、なにかを得る(与えるという言葉はあまり好きではありませんが今回は使います)

 

これを勘違いしてる人が多いと思います。

 

まずは、自分から与えて帰ってこないとき、人は、

~してくれないだとか

わたしは、~したのにとか、言う方いますが、

 

それは、そもそもgiveが間違ってるんです。

 

損得勘定でしたgiveと心の気持ちでしたgive

はまったく別物です。

 

損得勘定でしたgiveは見返りを求めています。

心からのgiveは見返りなんてものは考えてもいません。

 

なぜなら、心からのgiveは自分がなにかしてあげれることによって、人に喜んでもらえたり、困っている人を助けることができたりしたこと自体に

満足できるからです。

 

困ってる人がいた⇒力になりたいと思った⇒力になれた⇒喜んでくれて嬉しかった

 

この喜んでくれて嬉しかったが、takeなんです。

 

喜んでくれてよかった。力になれてよかったというのが

give(与えた)ことによって、自分が得られたものだと思います。(心の満足感)

 

 

極論を言えば、人と人のコミュニケーションはgiveだけで成り立ちます。

初めから見返りを求めていないので、与え続けることができます。

 

仕事でもそうです。私は庭師ですが、大工さん、外構屋さん、解体屋さんなどなど様々な職種の方と

お付き合いがあります。

自分のお客様が、大工さん探してるとか外構屋さん探してるとか聞けば、必ず紹介します。

 

その時も、私がするのは紹介だけです。

大工の~さんです。外構屋さんの~さんです。

あとは、ふたりで打ち合わせしてくださいって感じです。丸投げってやつですね。

 

世間一般では、紹介するんだからとかの理由で、いくらかバックを要求することが、当たり前になっていると思いますが、

自分のお客様ですし、大工さんや外構屋さんにも気持ちよく仕事をしてもらいたいので、

私はしません。

 

反対に大工さんや外構屋さんが庭師さんいない?と聞かれたならば私が行って

お客様と直接打ち合わせします。

 

こうやってtakeを使わなくても、giveしてgiveされてgiveしてgiveされる。ちゃんと循環できるんです。

 

giveは、本人がするものであって、

相手に求めるものではないのです。

 

まとめ

見返りを求める気持ちがあるなら、初めからしないほうがいい。

 

 

 

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.