千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

2020 11/6(金)


2020 11/6(金)

坪庭3日目。

海に伊勢のごろ太を敷く。

手水鉢の上に柄杓を乗せる為の、

柄杓置きを造ろうと、朝一で

竹を切り出してきた。

 

竹もあるし、灯籠の後ろに

建仁寺垣でもつくるか。

 

ってことで、作ったのが

こちら

完成‼️

 

土の部分は、お施主様が自分で何か植えたりして、いじりたいとのご希望なので

施主様におまかせです。w

 

2人で3日作業。

上水、排水、電気、蹲

予定通り完成した。

 

青竹は、やはりキレイですね。

建仁寺垣の立子は、

普段、竹材屋で仕入れるのだが

今回は、自分で竹を割って作った。

 

竹の切り出しは、今が旬。

長く持ちます。

 

お施主様に喜んで頂き、

安堵😌

 

楽しかったな。

 

ありがとうございました。

 

今日の禅語

 

一葉落知天下秋

(いちようおちててんかのあきをしる)

 

色づいて落ちた一枚の葉が、秋の訪れをしらしめる。

落葉に秋がそっくりおさまっている。

 

季節を、感じて、感性を磨く。

 

よく、一流にふれろとか、感性を磨く為に一流を見ろとか、言いますね。

 

確かに、大事な事だと思います。

私個人が思うに、

一流にふれた、一流を見たからって

自分の感性が高まる物ではないと思っています。

 

その一流の作品は、あくまでも造った人の感性であって自分の物ではない。

 

それよりも、自然から

学ぶ事の方が多い気がします。

 

感性を自分で磨いて、自分の個性を出す。

それがオリジナルになるんですね。

 

なので、心も感性も時間、場所問わず

磨こうと思ったら、どこでもできるんです。

 

何気ない日常の中に、感性を磨ける材料はいくらでもありそうです。

 

それに気がつくか?気がつかないか?

だと思います。

 

色々なものに、興味を持って

日々、心も感性も磨いて行きたいですね。

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.