千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

2019 2/16(土)


剪定

今日は、天気がいいですね。

もう2月も半分が過ぎました。

 

早いですね。

 

今日は、剪定です。

玄関脇に、モッコクと言う木が植わっているのですが、お客様が他の木に換えたいと

ご相談されました。

 

既にある木の場所に、新に植えるとなると

既存の木を処分するんですね。

 

ここで、2つの方法があります。

1つは、既存の木の根っこごと掘りあげて

新しく植える。

もう1つは、既存の木を根元から切って、

その脇に植える。

 

理想は、掘りあげてから植えたほうが

いいと思います。

 

ですが、掘りあげるとなると、重機などが必要になってきます。

コストもかかるんですね。

 

この事を、お客様に説明し判断をしてもらいます。

 

根から掘りあげるのと、根元から切るのでは、

幹の切る場所が変わってきます。

 

掘りあげる場合は、

枝を払って一本棒にします。

次に、緑の線(地面から1m位でしょうか)で

切ります。

根の周りの根を切ります。

1m位残っていると、揺する時に

青線の所が支点になって

テコの原理が使えるんですね。

 

木の根元で切ると

緑の線で切るのですが、テコの原理が使えないので、只掘るしかありませんし、手間もかかってしまいます。

 

数十年植わっている木は、根もかなり張っています。

重機が入らない場所などは、人力しかないので

ウィンチやワイヤーなどを使い

工夫してやります。

 

切った方がいいか、抜いたほうがいいか

迷ったら一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.