千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

気付けるか・気付けないかの差はでかい。


 

ヒントはあっちこっちにある

インフルエンザが流行っていますが、皆様大丈夫でしょうか?

学級閉鎖や学校閉鎖したとこもあるんですって。

気を付けたいですね。

 

今日は休日にしました。

ゆっくりと本を読んだりしてのんびりとした一日が過ごせました。

 

今日は、気付きです。

 

若いうちは、人から指摘や助言をしてもらえるのですが、

大人になると指摘をしてくれる人は少なくなります。

うっとうしいなとか思うかもしれませんが、指摘されて気付くこともありますよね。

今思えば、ありがたいんですね。

 

まして、社会的地位が上がれば上がるほど指摘してくれる人の数は減ります。

社会的地位が、高いからといっても所詮は人間。完璧ではありません。

 

人から指摘されなくなったらどうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

 

それは、自分で気付くしかないんです。

本・人の話や経験を聴く。(この話の中に何かヒントはないか?)

自分自身と向き合う。(自分を知る・自分はどうしてるんだろうか?自分にはできているんだろうか?)

など、

普段からクモの巣のように糸を張り巡らせていれば、いろいろなヒントが引っ掛かってくるんです。

 

普段から、こういう意識をもつことは、とても大事なんですね。

 

いい歳こいてもまったく気付かない人もいますし、若くても気付ける人もいます。年齢は関係ありません。

 

気付ける事の1番のメリットって、

自分の中の何かを解決できるかもしれない、

糸口となる可能性が生まれるって事です。

軌道修正だったり、新たな道だったり。

 

そして、自分がそれに気付けた事自体にも、嬉しくなるんですね。心も軽くなります。

 

たくさんのヒントがあっちこっちにある中で、気付ける人は確実に一個一個ヒントを拾って行けるんです。

 

拾ったままでは、持っているだけなので

今度はそのヒントを、活かす為の

行動が必要になってくるんですね。

 

まとめ

普段から、アンテナを張り巡らす。

最後は、行動が全て。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.