千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

段取り(だんどり)


段取り八分 仕事二分

今日も天気がよかったですね。

ぽかぽかしてましたし。

背中に太陽の光をたくさん浴びて、

エネルギー補給しました。

 

凍えるような日があるから、

今日みたいな日がありがたいなって

思うんですね。

 

さて、剪定の続きです。

今日は、段取り(だんどり)です。

なんでもそうだと思うのですが、段取りが悪いと余計時間が、かかったりするんですね。

 

先日呑んだ仲間に、中国人の方がいるんですけど、

(中国人は段取りより、いかに早く目的にたどり着けるかを考える)って。言っていました。

 

普段は解体屋の社長なのですが、こないだ土木工事があって、

日本人の仲間も手伝いに行っていたのですが、

測量も何もしてないのに、職人さんがいきなり重機で、穴を掘り始めたんですって。

 

それを見た日本人の仲間が、ビックりして慌てて測量したんですね。

柱の位置も出ていない・柱の高さも出ていない・通りも出ていない

ちゃんとした物ができるわけありませんよね。

 

日本人の仲間が、測量して距離を測って・角度を測って通りを出して・位置を出して・構造物の仕上がり高さを出して

やっと作業です。

 

すると、中国人の職人さんが、すごくわかりやすくて楽だと言っていたそうです。

 

あの時、きちんと測量していなかったら、何もかも合わなくてまたやり直しになっていた所ですね。

 

仲間から送られてきた写真に、測量した位置の脇に適当にあなを掘った後がありましたw

 

段取りって、いかに早く目的にたどりつけるかって事なんだけどなーとか思いながら

お国柄の違いを感じました。(人にもよるとは思いますが)

今回の件で、段取りの大切さを理解されたようです。

 

ですが、異国で起業するなんて、気合入ってますよね。

私にできるかどうかは微妙です・・・。

素直に、すごいなって思います。

 

 

段取りは、一度、頭の中で作業して、どうしたらスムーズに作業できるかを考え作業完了までイメージしているので、

実際の作業時には、スムーズに作業が進む訳です。(現場で閃く(ひらめく)時もありますが)

 

段取りが良い時は、仕事の能率がいいので、ドンドン進んで行きます。

段取りが悪いと、やり直し・作業止まる、二度手間・三度手間になり全く進まない。

 

作業自体よりも、段取りをちゃんと考えることで、

自分も楽できますし、仕事も早く目的に達成させれるんです。

 

昨日の掃除の時の様に、普段から自分で考える習慣が必要だと思います。

 

人から指示されているうちは、自分で考える必要がないので

言われたとおりに用意するだけですが、その際に、あえて自分でも考えてみるんです。

すると、仕事を覚えるスピードも速くなります。

 

まとめ

段取りは、普段から自分の頭で考える習慣をつける。

 

 

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.