千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

2018年ブログ

2018年2月8日 木曜日

 

千葉県市原市

(株)ファーストエクステリア 様 O邸 よりご依頼頂きました。

 

【施工前】

大木邸施工前

区画整理の為、お庭の樹木を区画整理が終わるまで預かってほしいとのご依頼でした。

マキ H=4m~です。

今回は、工程の都合で、できませんでしたが

樹木の堀取りは、半年~1年前に根回しを行った後移動させるのが一番活着率が良いです。

樹木に適した移植時期があるので、急ぎではない限り移植時期に行ないます。

 

【施工中】

 

まずは重機で根の周りを荒堀し、後は人力で掘っていき、根鉢が崩れないように

根巻という作業を行います。

大木邸根巻3-1大木邸根巻

根巻が終わったらクレーンで釣り上げ移動させます。

 

大木邸根巻3

【施工後】

樹木を掘り取り終わりクレーンに乗せ移動です。

大木邸運搬

【保管】

保管場所に移動し植え込みました。

保管1

かなり枝葉が茂っていたので刈り込みを行いました。

 

区画整理後、新たなお庭に移します。

 

ありがとうございました。 荒井

 

千葉県市原市 M様 邸 樹木支柱

強風によって倒れ、道路にはみ出してしまった木をなおして欲しいとご相談受けました。

 

人力では、まったく動かなかったのでクレーンを使いまずは起こします。

三田邸おりーぶ1

支柱を掛けるのですが、下の根周りは土が柔らかくなっていて丸太などでの支柱では効きそうにないので、

今回は、ワイヤーロープ支柱にしました。

ただのロープでも支柱はできます。ただ劣化には注意です。

 

三田邸おりーぶ3

木の上部のなるべく太い幹に、杉皮を巻き、そこにワイヤーを3方向につけました。

地面にアンカーを打ち込みワイヤーをターンバックルで連結します。

三田邸おりーぶ2

根回りが崩れていました。そのままでは根と土の隙間が空いてしまい根が張っていけません。

 

客土を入れ、水をやりながら細いバールで根と土の隙間がなくなるように水極めしました。

 

三田邸オリーブ4

ありがとうございました。 荒井

千葉県千葉市 T様邸 庭改修工事

お庭の改修工事のご相談でした。

施工前

田中邸事わ施工前2

芝生がなくなってしまい、地面が見えています。

施工後

田中邸庭施工後1

一度、残っている芝生を全部剥がし、地面を整地して芝を貼りました。

芝生の管理は、想像以上に難しいです。

 

水やりは、日中は避け朝早くか夕方散布します。

 

芝の刈込も、葉が長くなりすぎると、中で蒸れてしまい腐ってしまいます。

また、深く刈りすぎても、葉の軸(じく)を切ってしまう為枯れてしまいます。

地面から2.5cm~3cmくらい高さに刈り込みます。

 

病気にもかかる可能性があります。

ブラウンパッチ・ラージパッチと言われるもので所々剥げてしまい

放置したままだと広範囲に広がります。

細菌の影響なので殺菌剤を使い消毒します。

薬剤はホームセンターなどで販売されています。

 

 

田中邸飛び石前ライト点灯

続いて飛び石周りです。

庭園灯を設置し、苔張り・植栽をしました。

今回はスナゴケを使用します。

苔が成長しやすいように、黒土・赤玉・川砂・ピートモス・バーミキュライトを2;1;4;2;1の割合で攪拌し

苔張をしました。

田中邸いい感じ

田中邸ライト田中邸らいと2

最後に沓脱石(くつぬぎいし)から飛石への周りです。

手水鉢施工前

御影石でできた手水鉢。このままでも、いいのですが・・・

手水鉢

今回は、手水鉢に苔を貼りシダやトクサなどを植栽しました。

苔手水鉢

ありがとうございました。荒井

神奈川県横浜市 K 様邸

お庭の改修工事です。

まずは、お施主様とご相談しながら完成のイメージがわかりやすいように

パース図を作ります。

これを基に作っていきます。

鹿島邸パース図

施工前

鹿島邸施工前2鹿島邸施工前3

初めに、残す木以外を抜根します。

鹿島邸施工前1

笹がかなり生えていたので天地返しを行いながら、石を1度撤去します。

この時、どの石をどのように使うか感じながらある程度使う石を決めて

しまいます。

この際使わない石が10個以上ありました。

ただ石を入れればいいのではありません。あえて空間を空ける事の方が大事な気がします。

鹿島邸天地返し

砂利下に防草シートをしていなかったので、雑草や砂利の土埋まりなどがありました。

砂利を全て撤去し、防草シートを敷いた上に飛石を据えました。

鹿島邸ザバーン鹿島邸ざばーん3

続いて板塀です。

まずは、柱を立てます。この際柱の根元にコンクリートを巻くと腐朽防止にもなります。

鹿島邸板塀2

板を取り付けていきます

鹿島邸板塀3

板は腐朽防止の為ペンキを塗布し、庭園灯も設置しました。

鹿島邸板塀5

続いて苔張りです。

鹿島邸苔1

白川砂利を敷き均しました。

鹿島邸砂紋前

ここで少し手を加えて、ここに砂紋を描くと、

印象がガラリと変わります。

 

鹿島邸施工後3

施工前と施工後

鹿島邸施工前2鹿島邸施工後3鹿島邸施工前3鹿島邸施工後1

パース図はあくまでもイメージなので、現場合せになる事が多いのですが、イメージに近い姿に仕上げます。

鹿島邸パース図鹿島邸施工後2

ありがとうございました。荒井

 

 

 

 


Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.