千葉の植木屋さん 荒井造園 植介|植木、庭木の剪定・造園

自分を律する難しさ


自分vs自分

今日は、脚立に乗っていて体が煽られるくらい強い風でしたね。

松剪定2本目に入りました。

最近、夜な夜な確定申告の準備をしています。

これができてから、税理士の先生にチェックしてもらいます。

確定申告は3月なのですが、少し早めに準備をしておくことで

余裕が持てるようになります。

 

 

今日は自分を律するです。(じぶんをコントロールする)

 

これ難しいですね。

どうしても、楽な方に行きたくなるんですよね。

そんな時、いつも自分との闘いです。

 

普段の生活の中にもたくさんありますね。

 

以前は、朝5時に起きて事務仕事を朝こなしてから仕事に行っていたのですが、

冬は布団から出られなくて・・・。(言い訳ですねw)

朝できないので夜、事務仕事をしているのですが、

断然、朝の方が効率の良いことがわかっているにも関わらず起きれない。

 

朝は完全に自分に負けてます。w

 

朝は負けてますけど、今自分がやるべきことはちゃんと夜やります。

ここで、やっと引き分けですかね。

 

私は、頑張っている後輩に頑張れってよく言います。

頑張ってる人に頑張れっていうのは、おかしいかもしれませんが

言うんですね。

 

そして、その後輩より2倍も3倍も私自身がまず頑張るよう努力します。

 

なぜかというと、

今あなたは頑張っている、

けど、今を限界にしちゃダメだよ。

満足しちゃダメだよって思うからです。

 

自分が頑張ってると、ついつい

私は、やってると思って、

気を緩めてしまうのですが、

世の中には、もっとやってる人が

いるんですね。

 

口だけで、頑張れと言っても伝わりません。

まだまだ行けるって事を見せなくてはいけないので、私自身にもプレッシャーがかかります。

 

頑張れって言った人が頑張ってなかったら本末転倒になっちゃいますよね。w

 

 

きつい、とか思う時もありますが、私自身も自分の限界を伸ばせるんです。

 

自分にある程度、プレッシャーをかける事でも

自分を律することができるような気がします。

 

人間なんで、完璧はありません。(これを求めたら息苦しいですね)

 

 

自分の中にある軸を基にコントーロールできるものはするが、

完璧は目指さない。って所でしょうか。

 

まとめ

完璧になる必要はない。が、律する努力は必要

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントをどうぞ

CAPTCHA



Copyright(C) 荒井造園 植介 All Rights Reserved.